海外サイトを多くラインナップ!
<アメージング フィギュアモデラー>
年4回発行の模型誌、そのサイト版。フィッシャーの
過去の作例が見れる他、たまに更新されるペイント
テクニックの紹介は必見。「海外の模型事情は良く判
らないし・・・」って人はマズここへ飛んでみよう。
<キットビルダーズ>
AFMと同じくらいの発刊ペース。人によってはAFM
よりコッチの方が趣味に合うかもしれません。印象と
してモンクリ系が多いような傾向にありますね。
<ナイトメア>
ドイツ発信の模型誌、日が浅いので以降に期待。
<ホラーショウ>
特殊メイクの専門誌。大写しの写真とか見てると、
その造型の確かさとペイント技術に舌を巻きます。
<トニーマクベイ スタジオ アーツ>
スタチューの原型から恐竜の復元、スターウォーズ等の
クリーチャー造型まで幅広く活躍されている「トニーマク
ベイ」氏のサイト。

<アジムス デザイン>
マイク・ジェームス氏はスカルプターと言うよりアーティ
ストって感じです。「フィギュアはその表現の一つ」と言っ
た風で、写真やドローイングも高次元。

<ビル ウィガー>
生体モノに定評有り。怪物屋でも氏のキットを多く取り揃
えています。

<マーク ニューマン>
とにかく素晴らしい!正に造型って感じです。上手いと
言えばそうなんですが、命が宿ってそうなソレらはそう
いう次元での話では無いような気がします。必見。

<シフレット ブラザーズ>
仕上げなんてなんのその、作り倒したって雰囲気の
造型ブツには勢いがあります。。
<スパイダーゼロ>
サイモン・リー氏はWEBデザイナーが本職らしいです。
その合間でイラストや造型をやってるって事ですが・・・
超絶すぎます。
<フォビドゥンゾーン>
腕の確かな原型師に寄るラインナップはハズレ無し。マ
ルケスのウィンスローやオールドマンドラキュラ、マイク
ヒルのフランケンやルゴシドラキュラは出色。

<ダーク カーニバル/二ードフル シングス>
幅広いアイテム展開をするメーカーです。物体Xの
1/1スパイダーヘッドなどは迫力満点。アメリカンGK
のスピリッツを感じます。

<ジオメトリック デザイン>
オーロラと同スケール(1/8)に拘ったラインナップは
往年の模型ファンには溜まらない。1/4サイズのバスト
モデルは製作にお手頃です。キットが安いのもウレシイ
ですね。

<モンスターズ ディレクト>
ここのオーナーとは私がGK、TOYのビジネスをはじめる
前からの長い付き合いです。現在、海外のB級クラシック
モンスターなどのキャラクターを精力的にリリースして
いってます(基本ショップですが)

<ワンダーフェスト>
海外の代表的な模型イベントのサイト。コンテストが主体
のイベントなので見た目も華やかです。海外の模型ファン
達の腕前を見る事ができるのも面白い
(メカ系はとにかくハイレベル!)


LINK TOP>