<JAPANEASE ITEM GALLERY #4>



パゴス 30センチサイズ
・マーメイド (ソフトビニール キット)


バラゴンスーツを更にボリュームアップして改造されたのがパゴスです。そのフォルムを
よく再現されたこのキット、人気が高いですね。べチャッとした姿を強調する意味でベース
を作りました。







ぺギラ 30センチサイズ
・マーメイド (ソフトビニール キット)

ビリケンのソフビとは逆方向に傾いているので
見分けがつきます。このキット、スーツの垂れ
感がとても良い。

色は「ベージュ?グレー?」と言うような複雑な
色合いで仕上げています。資料ではこの辺の
色ってなかなか判断しにくい。・・・なのでペイ
ントの方も曖昧に(笑)。

ラゴン 30センチサイズ
・アトラゴンGK/マーメイド (レジン キット)

ラゴンの決定版。この腕の細さと喉もとのヒレ
のディテールはラゴンの表現には欠かせませ
ん。各部のヒレは素材色をそのまま活かす感
じでスーツのラテックスを表現。

ボディの体表モールドや着ぐるみの剥がれ等
も塗装で表現しました。




ゴジラVSビオランテ
・海洋堂 (ソフトビニール キット)


キットのストレート組みだと全体が間延びした感じになります。お客様と相談のうえ
「ポスター版 ダイオラマ製作」・・・の運びとなりました。ビオランテはヘッドをやや下
向きにすると共に腹部を切り刻みます。体形変更の他にツタのディテールアップと
ヨダレ表現。これまたポーズ変更ゴジラを絡ませて「出来るだけコンパクト」にまとめ
ました。随分バランスが良くなったと思いますが如何でしょうか?







ゴジラVSモスラ 20センチサイズ
・海洋堂 (ソフトビニール キット)

劇中の1シーンをダイオラマ化しました。バトラのデザインって良いですね、私は好きです。

グリーン主体のグラウンドを作る事で目にやさしい作品となりました(笑)。この辺が土ボコリ
まみれで戦う「昭和版」と最も違うところではないでしょうか?





ゴジラVSデストロイア 20センチサイズ
・パオ (レッドクリアー キャスト)

折角のクリアー成型なのに「クリアーレッド」と言うのが・・・。(イエローにして欲しかったです)
体表部分の下地を明るいシルバーにしてホワイトを吹く、コレが光の漏れ止め。発光部分は
見た目「燃えるオレンジ」にする為に蛍光色やクリアレッドを重ね塗りしました。発光ユニットは
両足の他3点にLED、ランダムに点灯するようにしてあります。





’54ゴジラ 30センチサイズ
・バンプレスト (プライズ品)

本体を改修、リペイントの後にダイオラマベースをつけた力作。





四日市コンビナート出現(モスゴジ) 30センチ
・海洋堂 (ソフトビニール キット)


一見凄く時間をかけて作っているように見える
が、実は短時間で仕上がっている。

製作者の驚異的な製作スピードはすさまじく
通常のプロがリペイントにかける時間でコレ
だけのモノをつくりあげてしまうのだ。

その製作スピードは「TVチャンピオン」でも充
分戦えると私は確信している(笑)。



(C) 2004- [ KAIBUTSUYA ] ALL RIGHT RESERVED .

BACK><INDEX><NEXT