<JAPANEASE ITEM GALLERY #2>



’62ゴジラ(キンゴジ) 60センチサイズ
・イノウエアーツ


スタンダードなポーズながら60センチと圧倒的な存在感を誇るキット。その存在感を損なわ
ず、活かしきる塗装を施しました。ネームプレートは怪物屋で言う「東宝レッド」(勝手なネー
ミングですが;) にて彩色。






 

’64ゴジラ(バンザイ モスゴジ) 60センチサイズ
・イノウエアーツ


古〜いキットですね。なにか妙にカワイイです(笑)。イノウエアーツ人気は原型師の一際強
い思い入れがその魅力だと感じます。ソコが時代を問わず受け入れられる原因なのでしょう。

ペイントはその思いに負けないよう、またそのスケールに応じた塗り方をしないとどうしようも
ない物になってしまいます。このキットはそういう部分が難しいのかもしれません。





キンゴジNATO基地を襲う(’62ゴジラ) 30センチサイズ
・イノウエアーツ

外箱の大きさはこのベースが入っているせい。傑作とされるこのキンゴジは中空レジン製。
ベースがかなり大きい為、ストレート組みだと全体の完成イメージがグレイッシュになり
過ぎます。作例は北極のイメージで雪原としました。





富士山麓の戦い(東宝コングVS’62ゴジラ) 30センチサイズ
・イノウエアーツ

私的にイノウエアーツ中、屈指の出来だと思います(あとジャイアント・スイング)。動きの
有る名作2体の絡みはファンにはたまりません(笑)。ゴジラ、コング共に名作キットなので
変に弄らずストレートに組み上げました。








ふんばり対決(オリジナル コングVSふんばりキンゴジ) 30センチサイズ
・イノウエアーツ(ふんばりキンゴジ)
・大山竜(ふんばりコング)

「ふんばりキンゴジと絡ませるコングを・・・」という依頼で作ったコングはワンオフ品。
「頭突き対決」とも言えるダイオラマに仕上げました。ふんばりキンゴジのアクの強いディ
フォルメに負けないアクの強いコングを作ったつもりですがいかがでしょうか?







地底怪獣バラゴン 30センチサイズ(レジン版)
・イノウエアーツ

角に電飾を仕込み「ボヮ〜ン、ボヮ〜ン」と光ります。角はアクリル棒を熱加工にて新造。
配線は本体を貫通の後、足元まで伸びています。ブラウングレーと言うべき体表色は
単一で塗るのでは無く、変化をつけて表現。目と角が大事な怪獣ですね。






フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン 30センチサイズ(レジン版)
・フランケンシュタイン(マーメイド レジン版)
・バラゴン(イノウエアーツ レジン版)

傑作同士の組み合わせでこの上なく豪華!ダイオラマ・ベースもマーメイドの付属の
ものは使用せず、劇中の民家や鳥小屋を作り起こして再現しています。


(C) 2004- [ KAIBUTSUYA ] ALL RIGHT RESERVED .

BACK><INDEX><NEXT