(※表示価格に消費税・送料は含みません)
The arrival●
  アメージング フィギュアモデラー#55

「PRIMEVAL PLASTIC」・・・造語でしょうね?古代生物のGK紹介ならばプレヒストリック・タイムズを見れば事足りるわけですが、AFMではソコに空想をスパイスとして織り込んだ「らしい」キットや作例の紹介をしています。

海外のGKファンの嗜好としてこのジャンルは確固として需要があり、イベントなどを回れば体感として実感できます。アカデミックなものもあればソレを下敷きにファンタジックに展開したり。そうやって楽しむ事が決してマイノリティーでないって部分で洋GKの懐の深さを感じます。良い物を発表すればジャンルを問わず皆が賛同してくれるってところがあるから自由度も高く、よってファンの拡充にも繋がるんだろうと。

こういった模型誌が率先して先頭を切ってゆく姿勢は残念ながら今の日本には無い様に感じますがどうでしょうか?原型師・プロモデラーとユーザーの距離が近い感覚が有り、自信にアイデアさえあればスグにでも発表する側に回れるという垣根の低さも魅力的。

本号ではサイドショウの「プレヒストリック・シリーズ」もフィーチャーしています。その他の見物はクロマニヨン人のバストモデル!造型がとにかく素晴らしく、よくこんなのを作例に使えたなぁと言う驚きの一品です。この特集でグワンジの作例が出てくる自由度の高さもAFMの魅力ですね。
アーティストプロファイルでは恐竜を作りつつ、その片手で生体知識を下地にしたオリジナル造型を発表し続ける「DEVID SILVA」を紹介。この双方をやる人って海外でも希少ではないでしょうか?アカデミックな知識も持ちつつアレンジを利かせる人の造型って気にならないですか? いろんな意味で玄人受けのする本号、オススメなので是非!

  キットビルダーズ#64 DVD

永らく休刊状態?だった本誌、新たにDVDになって登場です。

正直このDVD形式にした事がどういうことなのかは怪物屋的にもまだ判りません。少なくともコンパクトにまとまり保存しやすいだろうとは思いますが、ハードウェア普及ありきのこの展開が今後の書籍の未来になって行くのでしょうか?

ともあれ観られた方の感想をお待ちしています。忌憚の無いご意見を伺えればと思いますので宜しくです。

掲載内容に関しては今までのKBらしいラインナップとなっています。



AFM<アメージング フィギュアモデラー>

作例ページがほぼフルカラーで誌面デザインも非常に美しい。海外のGK事情はこの1冊でカバー出来ると言えるで
しょう。デビッド・フィッシャーをはじめとする模型ライター達の「工作テクニック」や「ペイント・テクニック」が写真付きで
惜しみなく紹介されてます。記述は全て英語だけど見ているだけでもなんとなく判る構成。当店オススメの模型誌
です。

¥1,000(一部絶版品を除く)。
※新刊をいち早くお届け出来る「年間購読」も受付しております。


◆BACK NUMBER◆
#02・・・¥1,500

創刊号より更にグレー
ドアップした本誌。複
数のキットをコンパチ
組みしてオリジナルを
作るなどの意欲作が
掲載。組み合わせの
妙はセンスを問われ
る部分でも有りますし
コレをして「アートか
も?」と思わせてくれ
ます。
#01・・・¥1,500

AVMの創刊号、レジン
キットですが「シミアン」
のロブゾンビが秀逸。
そのほか素組みでは
無い一味違った作例を
堪能できますよ。
押入れで眠っているキッ
トを引っ張り出して作る
時が来ましたネ(笑)。

#55

古代生物GK特集

恐竜や古代哺乳類
のGKなどを使った
作例、およびスタチ
ュー紹介など。
#54

ガールズキット特集

「売り切れ御免」の
人気特集、お姉ちゃ
んGK満載号です。
#53

ハロウィーン特集

基本クラシカル&
ファニー系モンスタ
ー率が高い特集。
#52

ゴシックブライト&
シニスターディライト
特集

特にオススメなのが
フィッシャーの作例。
ステージコーチをベ
ースに改造したノス
フェラトゥ仕様は最高
にクールです!

#51

アクション&アドベン
チャー特集

今号のアーティスト・
プロファイルは「ジョ
ーサイモン」。各ディ
ーラーに良質GKを提
供しています。近年
注目のスカルプター

#50

モンスターGK特集

通産50冊目、本号の
特集は「モンスター」
洋GKの王道です。

#49

クラシックGK特集

往年の名作キット特
集号。
「リベンジ・オブ・ザ」
の簡易版的な永久
保存版、パート2!

#48

ライターズ・チョイス

「アーティスト・プル
ーフ・スタジオ」を
フィーチャー

#47

クラシックGK特集

往年の名作キット特
集号。
「リベンジ・オブ・ザ」
の簡易版的な永久
保存版。

#46

ウェア・ウルフ特集

「狼男」の特集号。
ホライジングと怪物
屋の共同開発「ダイ
ア・ウルフ」の作例を
是非見て頂きたい。

#45

バストモデル特集

海外では好まれるバ
ストモデルを特集。
それだけで特集が組
める程海外ではポピ
ュラーなジャンル。

#44

プラモデル特集

一冊まるごとプラモ
デル。いま熱い海外
のプラモ事情を一ま
とめ!な号です。

#43

ダブルキット特集

和洋を問わず、複数
個で構成されたキッ
トの特集。

#42

オリジナルGK特集

シフレットBROS・サ
イモンリーなど、オ
ール創作キャラを
特集。

#41

ガールズキット特集

クール・ワイルド・ダ
イナマイト&クラシッ
クなど出来の良いの
を25作品紹介。

#40

ダイオラマ特集

往年のモデラー「シ
ェパード・ペイン」の
記事は必見です。

#39

ライターズチョイス

本誌ライターが選ん
だキット、表紙の作
例は圧巻!

#38

オーロラ特集

隅から隅までオーロ
ラ・フィギュア、ファ
ン待望の一冊です。

#37 

ファンタジー特集

ハリーハウゼンの
プロップ・モデルを
紹介。
その他記事では
バルログ・ヘッドの
塗装がナカナカ良
いですよ。
#36

サイレント・ホラー

原型師・・・と言うか
既にアーティスト
「トーマスクンツ」を
フューチャー。やは
り上手い!
氏が昔に作ったキッ
トなども紹介。

#35

ロックンロール

デビッドボウイの
アルバムジャケッ
トを,、まんま抜き
出したGKが秀逸!
#34

キングコング特集

コングファンなら
外せない一冊。
#33

ライターズチョイス

AFMのライターに
よるキットチョイス
と作例。
「ファントム・オブ・
ザ・パラダイス」の
キット紹介。
非常に良いキット
なのでオススメ。

#32

ゴシック・ホラー
特集

ライフサイズ・ピンヘ
ッドの塗装は必見!
他 ドラキュラ キット
の紹介など。
#31

恐竜特集


1/1ライフサイズの
製作スタジオ訪問。
恐竜のテクスチャ
ーや彩色など、見
ごたえ有り。かなり
オススメの号です。
#30

ヒーロー&ヒール
特集

等身サイズモデル
の紹介アリ。超リア
ル!模型とは違っ
た卓越した技を見
る事ができます
#29

エイプレ 特集


エイリアンとプレデ
ターに絞ってます。
同内容の表紙替
えという気合の入り
ようです。
※プレ表紙版と内
容は同じなのでご
注意。

#29

※左に同じ
#28

ウエット感の表現


AFM‐モデルコンテ
ストの作例集
#27

ユニバーサル・モン
スターズ
#26

オリジナル造型
デザインズ

オリジナルのモン
スターやクリーチ
ャー、キャラクター
など。
#25

ビランズ特集


JANUSの傑作キッ
ト「ピアース&カー
ロフ/Tクンツ原型」
をDフィッシャーが
仕上げる!

#24

APES


猿・ゴリラ系キット
の紹介
#23

フランケンシュタイ
ンズ

ディメンショナルデ
ザインズの紹介や
サイドショー12イン
チドールのリぺイン
トなど。

#22

スイムスーツ
/エディション2

「アジムス」の原型
師マイクジェームス
や「ソーラウィンド」
の原型師ミッシェル
カサンリスを紹介。
その他、リーガン(
エクソシスト)の作
例など。

#21

バンパイア特集


ノスフェラトゥやべ
ラルゴシのキット
などを紹介。

スケッチを元にした
原型製作の記事
など。
#20 【絶版】

B級モンスター


激上手ペインター
トム・ギリラントに
よるスパイダーヘ
ッド(The THING)
の作例など。
#19

ロボットキット


ポーラライツ製の
ロビーをポスター版
に改造。 
改造用アフター
パーツ有り。
#18

フューチャーモデ
ルズ特集

韮沢靖、竹谷隆之、
雨宮慶太の紹介に
加え、誌面を上げ
てフューチャーキッ
トをクローズアップ。
シッティング・ヘル
のダイオラマなど見
所満載 号です。

#17

ハリーハウゼン特集


タロス/ジオメトリッ
クのイベント限定ソ
フビを使用したダイ
オラマ作例など。
#16

ファンタジーアート


「シミアン」の原型
師「バルサム」を
紹介。

竹谷エイリアンの
ダイオラマ作例な
ど。
#15

ハマーホラーフィ
ルムズ

オーロラのモンス
ターシリーズを紹
介。
マイクヒルの「顔」
製作記事。
原型師「ジェフ・イ
エガー」を紹介。

#14

ハード ヒーロー
スペシャル

バットマンキットや
オーロラのナイト・
シリーズを紹介。
原型師「デビット・
グラント」を紹介。

#13

ラシックSCI−FI

アウターリミッツの
キット紹介。
原型師「ランディー
ボーエン」を紹介。
バットケイブ製作
パート2。

#12

ゴジラ特集

ゴジラキット紹介。
メーカー「グレイ・ゾ
ーン」を紹介
バットケイブ製作
パート1。
オーロラのフィギュ
ア・キットパート3。

#11

ヘルレイザー特集

「ダグ・ブラッドレー」
のインタビュー記
事。
「トムサビーニ」を
紹介。
メーカー「スクリー
ミン」のプロダクシ
ョン記事。
オーロラのフィギュ
ア・キットパート2。

#10 【絶版】



各メーカーの半魚
人のキット。
メーカー「ジャヌス
カンパニー」の紹介
原型師「マイク ヒル」
の紹介。
オーロラのフィギュ
ア・キットパート1。

#09



メーカー「ホライゾ
ン」の紹介。
原型師「ショーン・
ネイグル」を紹介。

<絶版>
¥ASK
創刊準備号〜#08

・絶版号につきましては入手出来る場合も有ります。
入手方法としまして個人売買がメインとなりますので
価格はマチマチです。また状態も差が有ると言う事を
ご理解ください。
¥ASK リベンジ オブ ザ ガレージキット

海外Gkのメーカーやスカルプター達の紹介がメイン
ですが日本のGKメーカーも紹介しています。
・・・ココに掲載されている作品群の多くは既に絶版に
なってますね。


MODEL MANIA<DVD>

デビッド・フィッシャーによる「GK製作のHOW TO」モノ。初心者からプロまでをフォローする充実した内容は当店の超オス
スメです。全編英語ですが、映像を見ているだけでも理解できると思います。内容が全て理解できた上で同じ事が出来れば
プロとしても通用しますし、それが作り方の判らない初心者であれば「製作の雰囲気が掴める」と言う点で良い導入書でも
あります。


¥4,500
「MODEL MANIA T (旧VIDEO版vol.1・2・3収録)」

vol.1(ガレージキットの作り方)
vol.2(エアブラシ テクニック)
vol.3(キット改造、ダイオラマ工作テクニック)

道具・工作・塗装までを紹介している「vol.1」 エアブラシの吹き方や調色、
マスキングテクニックなどの「vol.2」(ウォッシングが必見、勇気が出る程
大胆です!)
ソフビキットの改造法や電飾、ダイオラマ製作などが圧巻の「vol.3」の3篇
で構成されているやや初心者向けの内容。・・・とはいえ、ココまででも完
璧にこなせるのならかなりのモノになります。

※'07/11/9現在、在庫切れ
¥4,500 「MODEL MANIA U (旧VIDEO版vol.4と最新の5が同時収録)」

vol.4(スキン -肌- 表現)
vol.5(目の塗装〜植毛など)

コッチは上級者向け。基本スキルが有る上で格上のフィニッシュを求める
人に最適。スキン表現やパステルによるアクセントづけ、タトゥーの書き
込みやヨダレの表現などを紹介している「vol.4」と新規収録の「vol.5」の2部
構成。

「こんなの待ってました!」的な内容はプロ必携。



KITBUILDERS MAGAZINE<キットビルダーズ>

記事&ビジュアル的に圧倒的有利だったAFMに最近追いついてきた感じ。ともすればコッチの方が面白いと思える
号もあったりして努力の成果が伺えます。その良くなりだした最近の号より、AFMと同じく常時入荷の体制を整えま
した。以前のバックナンバーも数点ご用意してますのでお問い合わせください。

¥1,000


◆BACK NUMBER◆
#64 DVD化第一号
#63 フィメールキット特集パート3 #62 #61 サイモン・リーをフューチャー
#60 サムグリーンウェルなど #59 #58 マークニューマンの紹介記事
#57 神話特集 #56 B級映画特集 #55 フィメールキット特集パート2
#54 クラシックモンスター特集 #53 巨大モンスター特集 #52 半魚人&半魚人系クリーチャー
#51 SCI-FI エディション #50 ファンタジーモデリング #49 ヒーロー&ビランズ特集
#48 フィメールキット特集【絶版】 #47 ライカンスロープ(モンスター) #46 アンデッド特集




HORROR SHOW<ホラーショウ>

誌面全体に大写しで美麗な写真は参考に良し。特殊メイクのクォリティは造形も塗装もやはり高いですね。


¥1,500

#6 【未入荷】 #5 【未入荷】 #4
#3 #2 #1



NIGHT MARES in plastic<ナイトメアーズ>

ドイツに良質のGKを紹介をしようと刊行された意欲的な雑誌(海外のこの辺の雑誌類は全て基本的には同人誌です
やるなぁ海外!)。 誌面としてのクオリティは未知数だが、〜3号まで続けると見えてくるかと思います。こういう雑誌
は増えて欲しいし、独自色が出てくれば面白いですね。


¥1,000

創刊号
いよいよ本格始動!。
創刊準備号
FEWTUREMODELS他。

TOP LOG